スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他団体の講演会・セミナーのご案内

シリーズ自閉症学習会

自閉症ってどんな障害?どう支援したらいいの?基礎から自閉症の障害特性を学び、理解を深めたいと願っている親御さん、そして、地域で支えてくださる皆さんのご参加を心からお待ちします。









     テ ー マ      日  時
  10:00~11:30  
   場  所
 第1回 
 自閉症ってどんな障害?  5月15日(木)  こべっこランド   
   7階 研修室   
 第2回 
 コミュニケーションの力をつけよう 
  ~視覚支援の意味と方法~
 6月11日(水)
 第3回  ソーシャルスキルを身に付けよう  7月9日(水) 
 第4回  不適応行動にどう対処するか  7月15日(火) 
 第5回  自立を目指して ~今すべきこと~    9月17日(木)

※各回とも受付は9:45からです
 会 場 :こべっこランド(神戸市総合児童センター)7階研修室
  神戸市中央区東川崎町1丁目3-1 電話(078)382-1300
  JR・地下鉄神戸駅から南へ徒歩4分
 講 師 : 山根 弘子 氏(元養護学校教員)
参 加 費: 無料  託児はありません
定 員 : 50名 各回定員に達し次第締め切ります
申込・問合せ先 : 準備の都合上、必ず事前にお申し込み下さい
電話&FAX (078)991-8721
Mail kawanosan2002@yahoo.co.jp 川野まで


主催 :発達障害児支援教室  星の子









自閉症eサービス
自閉症支援のための基礎講座(枚方地区)






 

 日  時

 テ ー マ

 講  師 ( 敬称略 )

 第1回 

 5月24日 (土)

 自閉症の特性
 ペアレンツトーク 

 中山 清司 氏(自閉症eサービス 代表)  

 第2回

 6月21日 (土)

  評 価

 山根 和史 氏(北摂杉の子会・萩の社)

 第3回

 7月19日 (土)

  構造化

 松尾 浩久 氏(HEROES)

 第4回

 10月25日 (土) 

 コミュニケーション 

 久賀谷 洋 氏(SKIPひらかた)

 第5回

 11月29日 (土) 

 自立した生活

 中山 清司 氏(自閉症eサービス代表)


※いずれも時間は10:00~12:00(9:45~受付)です。
会場 : ラポールひらかた
   京阪電車 枚方市駅から徒歩5分
参加費: 自閉症eサービス年間パス有り、ポレポレネットワーク正会員 :無料 
  年間パスなし:2,000円/回
 ※各講座では、自閉症 e サービスが発行しておりますレジュメ集「自閉症支援のための基礎講座」を使用致します(1冊500円)。なお、受講料にレジュメ集の代金は含まれておりません。

申込・締切: 自閉症eサービスホームページもしくはFAX・郵送にてお申し込み下さい。
    締切は各回1週間前です。定員以上の申し込みがあった場合のみ、ご連絡させていただきます。
  自閉症eサービス@京都の2014年度年間パスをお持ちの方はそちらに直接お申し込み下さい

問合せ: 特定特定非営利活動法人 自閉症eサービス 谷町オフィス
     〒542−0062 大阪市中央区上本町西3−3−28  FAX:06-4305-3158
      e-mail:jiheishou.e@jiheishou-e.org  HP:http://www.jiheishou-e.jp/ 

※スタッフが常駐しておりません。お問い合わせはなるべくメールでお願いします
主催 : 2014年度 特定非営利活動法人 自閉症 e サービス
人材育成&コンサルテーション事業
共催 : ポレポレネットワーク、自閉症eサービス@京都






NHKハートフォーラム「自閉症スペクトラムの人の地域生活を考える」

自閉症をはじめとする発達障害のある人たちが、地域で一貫した支援を受けるためには学校や社会になにが求められるのか。障害の特性をふまえ、より良い人生へと繋ぐための支援について、地域での実践的な取り組みを紹介しながら、支援のあり方や方向性をみなさんと共に考えます。

 日 時 :2014年6月15日(日)10:30~16:00(10:00~受付)

 会 場 :G-NETしが(滋賀県立男女共同参画センター)
        近江八幡市鷹飼町80-4  TEL:0748-37-3751
 内 容 : (午前)講演 「特徴から理解する自閉症スペクトラム」
 講師:本田 秀夫(信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部 診療教授)
    (午後)シンポジウム「地域生活に必要な支援を考える」
パネリスト:
 宇野 正信(前 滋賀県発達障害者支援センター所長)
 嘉村 和義(総合型地域スポーツクラブYASUほほえみクラブマネージャー)
 本田 秀夫(信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部 診療教授)
司会進行:
 藤井 茂樹(びわこ学院大学教育福祉学部スポーツ教育学科 教授)
参加費 :無料 入場整理券が必要です (先着順)
申 込 :ハガキ・又はFAXで必要事項を記入の上、お申し込み下さい
   ●必要事項
      1. 名前(必ず個人名を記入)
      2. 郵便番号・住所(部屋番号まで正しく記入ください)
      3. 電話番号
      4. 希望人数
     ●申込先
〒540-8501 (住所不要)
NHK厚生文化事業団近畿支局「6/15ハートフォーラム」係
(Fax )06-6941-0830
 問合せ :NHK厚生文化事業団近畿支局 
         電話 06-6937-3412  (平日 9:30~18:00)

 主 催 :NHK厚生文化事業団  NHK大津放送局
 共 催 :一般社団法人日本自閉症協会近畿ブロック
 後 援 :滋賀県、近江八幡市、滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会
 協 力 :大阪府共同募金会、NPO法人JDDネット滋賀






超!入門 自閉症支援講座

自閉症の人についての基本的な知識と関わり方を分かりやすく丁寧に講義します。学んだ知識を実践的に生かす様々な演習も用意しています。さらに、現場で行われている実践例もご紹介。明日への支援のヒントをゲット。
初めて自閉症の人たちの支援に携わる方、もう一度基礎から学ぼうという方にお勧め必見必須の講座です。







   回   日  程    内 容  担 当 
 第1回   2014年 
     6月21日(土)  
 お互いに分かり合うために 
  ~自閉症の特性を理解する~  
 村松 陽子 氏 他 
 第2回     7月19日(土) 世界を分かりやすく
 ~構造化とTEACCHの理念~
 野畑 光代 氏 他
 第3回     9月20日(土) 一人ひとりに合わせるために
 ~支援のためのアセスメント~ 
 第4回     10月18日(土)  伝え合うために
 ~コミュケーション支援~ 
 丸太 冨美代 氏 他 
 第5回     11月15日(土) 現場での実践
 ~「問題行動」への対応~

 時 間 :各回13:30~16:45(13:00~受付)
 講 師 :村松 陽子 氏(京都市児童福祉センター)
       野畑 光代 氏(京都府立向日が丘支援学校)
       丸田 冨美代 氏(社会福祉法人南山城学園 翼)
       中塚 雅子 氏(児童発達支援センター こぐま園)
          他、京都の自閉症支援の現場で活躍されている若手の実践家たち
 会 場 :ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)
市営地下鉄 丸太町駅下車5番出口連結 定員 :100名(先着順)
 参加費 :12,000円(全5回分、全会参加のみ)
       申込方法 :メールの場合・・・下記の項目をご記入の上askyoto@iris.eonet.ne.jpまでお申し込み下さい
   ①件名に「あすく超入門講座申し込み」とお書きください ②お名前(ふりがな)③勤務先/所属 ④職種(保護者の方は、「保護者」とお書きください) ⑤連絡先/受講票の送付先(自宅または勤務先) ⑥郵便番号 ⑦住所 ⑧電話番号 ⑨FAX番号
              :FAX・郵送の場合・・・こちらから申込書をDLして必要事項をご記入の上お送りください
                  複数名申し込まれる方は申込書をコピーしてお使いください
 申込締切 :2014年6月11日(水)

 主 催:NPO法人 あすく
 協 力:京都府自閉症協会
 後 援:TEACCHプログラム研究会京都支部







高機能自閉症アスペルガー症候群セミナー2014

高機能自閉症やアスペルガー症候群について、基本的な考え方からさまざまな場面での具体的な支援までを学べるセミナーです。
今年は「自閉症文化」ともいうべき基本的な特性の理解をベースに、学校、青年期・成人期、就労の場面においてどのように支援を組み立てていくかの道筋を具体的な事例を交えて学べるプログラムです。学校の先生、保護者、関連機関の方、学生さんなど、関心のある方ならどなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

 日 時 :2014年6月28日(土) 10:00~16:00(9:30~受付)
 会 場 :ひと・まち交流館京都 大会議室 他
    京都市下京区河原町五条下る東側
     京都市バス「河原町正面」下車すぐ
     京阪清水五条駅より徒歩8分・地下鉄五条駅より徒歩10分

 内 容 : 基調講演   発達障害を持ちながらも子どもたちが自然に育つチカラを見ませんか
                                       ~障害特性を踏まえて~
        講 師 :笹森 理絵 氏(精神保健福祉士、神戸市発達障害ピアカウンセラー)
 第1分科会 目からウロコ!・・自閉症の世界を疑似体験してみませんか
    講       師 :松尾 裕久 氏(NPO法人HEROES理事長)
    ゲストスピーカー :保護者(京都府自閉症協会 高機能・アスペルガー部)
    コーディネーター :羽野 眞子 氏(京都府立宇治支援学校 教諭)
 第2分科会 携帯・スマートフォンの光と影
               ~便利?危険?それは使い方・もたせ方を決めるあなた次第!~
    講 師 :高松 崇 氏(NPO法人 支援機器普及促進協会 理事長
    司 会 :田中 一史 氏(京都市児童福祉センター 児童精神科医)
 第3分科会 大学における発達障がいのある学生への支援について
    コーディネーター:村田 淳 氏(京都大学 学生総合支援センター 障害学生支援ルーム・助教)
    ゲストスピーカー:横山 弘和 氏(京都大学 教育学研究科)他
 第4分科会 小学校における不登校児童への支援事例
    講 師 :コーディネーター:松尾 博史 氏(京都市立鏡山小学校 通級指導教室担当)
    司 会 :東 敦子氏(NPO法人そら 発達支援ルーム こねっく)
    コメンテーター:笹森 理絵(精神保健福祉士、神戸市発達障害ピアカウンセラー)
 参加費 :京都府自閉症協会 正会員・ONLY ONEの会 会員・・・1,000円
    京都府自閉症協会 賛助会員・・・2,000円 一般の方・・・3,000円

 定 員 :300名(先着順)
 申 込 :できるだけパソコンか携帯でのお申し込みをお願いします。
 パソコン、携帯からの申し込みが無理な場合は、FAXまたは郵送での申し込みもお受けしますが、確認までに時間がかかることがあります。先着順の受付ですので満席になった場合、参加いただけなかったり、ご希望の分科会に入れないことがあります
       詳しくはこちらのHPをご覧下さい
         京都府自閉症協会
         オンリーワンの会
 主 催 :京都府自閉症協会、NPO法人 あすく、ONLY ONEの会
 後 援(予定):京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都新聞社会福祉事業団、京都府社会福祉協議会、京都知的障害者福祉施設協議会、京都障害児者親の会協議会、TEACCHプログラム研究会京都支部、社会福祉法人京都総合福祉協会






自閉症の特性理解と支援の原則

自閉症スペクトラムの人たちにとって本当に良い支援とは?
それを考えるにはまず、自閉症の正しい理解が必要です。しかし自閉症は目に見えない障害ゆえに正しく理解することは難しく、その結果支援に行き詰ったり、ご本人に辛い思いをさせてしまうことも少なくありません。
自閉症スペクトラムの人たちへの深い愛情と豊富な知識、ご経験をお持ちの服巻先生のお話を通して正しい理解と支援について学びましょう。

日時 : 2014年7月13日(日) 13:30~16:30(1:00~受付)
会場 : G-NETしが(男女参画センター)
講師 : 服巻 智子 氏  大阪大学大学院小児発達学研究科  
会費 : TEACCHプログラム研究会会員 ・・・無料  非会員・・・1,000円
*事前申し込みは不要です
詳しくはこちらのチラシをご覧下さい


主催 : TEACCHプログラム研究会滋賀支部











tanpopo





※H25. 7  29更新
スポンサーサイト

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。