スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルスキルクラブ

守山・八日市・彦根⇒小学5年生以上

【クラブに参加にあたって】
  クラブは現状の状況として参加メンバーが自分たちで企画・運営を しています。
 その上でいぶきに共催していただいてスーパーバイズを受けています。
 当日の役割分担をはじめ、前日や当日の会場設定、後日に行う親の反省会、内容や課題の見直しなども原則的には全部参加となります。

 必然的に拘束時間も多くなり、決して楽とはいえません。が、子どもに対する直接的なアドバイスを受けられますし、親の意識は絶対に高まります。

 わからないところをたずねるいい機会にもなります。

【クラブ参加の条件として】
 ①「お母さんのクラスルーム」を受講した。または現在受講している人。
 ②家庭での実践を多少なりとも始めている人。
  現在行っている守山・彦根・八日市での「年少児を対象としたクラブ」を経験し、その後(小学校高学年)子どものニーズに見合ったソーシャルクラブに移るという形を取っています。
ご理解をいただいて準備を進めてください。

 毎月1回、学校の先生、福祉関係職員の方等に
ボランティアで活動していただきながらの親子療育活動です。

 子どもが個に合ったコミュニケーション手段を身につけ、
親以外の援助者と活動する中で、より自立した生活を送れるための療育の場、そのために必要な環境調整を親が学ぶ場です。

 各クラブごとに、たんぽぽクラブ通信を発行しています。


 ※会場については現在検討中。変更があります。

【活動日・参加者】
 各チームで原則として月に1回。
 前日準備(会場の設定)と反省会(反省会と次回計画)を行っている。

 メンバーは各10人程度

 保護者・ボランティア・アドバイザー



  ※会場については現在検討中。変更があります。

【活動日・参加者】

  各チームで原則として月に1回

  前日準備(会場の設定)と反省会(反省会と次回計画)を行っている。

  メンバーは各10人程度

  保護者・ボランティア・アドバイザー

【目 標】

 ○家庭内で、家事などの役割を習慣的に分担して実践できる力を
   身につける。
 ○自分一人でも、打ち込んで過ごすことの出来る余暇活動を身につける。
 ○社会資源を利用しての余暇活動を行い、社会的な活動に拡大する。
 ○自立的な活動レパートリーを広げていく。
 ○スケジュールを自分で理解して、自立して課題や作業を遂行する。
 ○個に合ったコミュニケーションを獲得し、より社会的・相互的・有  機的なものにしていく。                    
                     
【スケジュール】 ※下記スケジュールは彦根の例です。

  時 間   内 容
13:00 集 合
      ・Aグループ
         ・出席カードにスタンプ
         ・名札をつける
         ・スケジュールの確認
           (カード、チェック方式など
            各自それぞれに合ったものを使っています)

      ・Bグループは、カゴに出席表を入れます。
       スケジュールもまた少し違います。

14:10 始まりの会 ・親当番進行
 
       名前呼び→自分の名前カードを自分の写真のところに貼
       ってもらい、今日の担当者を確認します。
   (左側に本人の写真、真ん中に名前カード、右側に担当者です)

     ・子ども当番→Aグループ 日付を書く
         Bグループ 日付と天気カードを貼る
      (A,B部屋は別です)

14:20 活動1
      ・Aグループ→作業・掃除(発送作業・窓拭きなど)
        たんぽぽ新聞 発送作業
      ・Bグループ→個別課題

14:40 休憩・買い物
      ・Aグループ→休憩
      ・Bグループ→買い物

14:50 活動2・おやつ
      ・Aグループ→作業か掃除(手順書を見ながら)
       アイロン作業、階段の掃除、本箱作り              ・Bグループ→おやつ(コミュニケーション重視)
       カードを使って「~ください」「はい、どうぞ」

15:00 おやつ・掃除
      ・Aグループ→カップラーメン(自分で作る)
       お湯を入れる
       左から右へ わかりやすく
       (トレイ、おしぼり、おはし、お茶の順)
       あとかたづけも きちんとします。
       (左からおはし、おてふき、食べた後のカップ、トレイの順に)
      ・Bグループ→掃除
       足型と番号がついています。それを順番に・・・
        バケツの置き場所をわかりやすく

15:30 帰りの会
      ・Aグループ→ビンゴゲーム
        5つ穴が開いたら「ビンゴ!」
        好きなおやつを5つから選ぶ。
        あいさつ「さようなら」
      ・Bグループ→手作りビンゴゲーム
        親当番が出した形と同じものをマッチングして
        透明の箱にいれる。
        3つ空白になったら、そこへ赤い枠をはめて「ビンゴ!」
        好きなおやつをもらう。

     ・あいさつ 「さようなら」

15:45 反省会 ・担当先生方と反省会。親当番参加。

tanpopo




※H19.10.17更新


スポンサーサイト

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。